芝浦ブログ

週刊少年マンガ・アニメなど適当に感想するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからチャンピオンなどの感想について

これからはツイッターにて簡単に感想を呟くのでよろしければこちらへどうぞ!
https://twitter.com/hayatopi

スポンサーサイト

刃牙道 第53話

更新してない部分をまとめると・・・

・烈、中国拳法の高級技「消力」を扱えるようになる(郭海皇のお墨付き)
・途中にあの本部以蔵が現れ武蔵との戦いを止めに来た、しかも中国拳法を片腹笑う
・烈相手にほぼ互角といった実力を発揮する本部、武蔵と同じ構えを取ったが郭に不意打ちを喰らってダウン
・結局守護れないまま試合当日、闘技場には様々な武器、さらに烈は体に何か装備しているようだ
・様々な強者が見守る中遂に試合開始ッッッッッッッッッッッッ ←いまここ

はじめい!!!

始まった始まった烈海王VS宮本武蔵、しかし最初から突っ込みをいれたいコマがあった

本部以蔵がいるじゃないか!!ついでに愚地克巳もいる
そんなところに突っ立ってないですぐに止めに行きなさい、仲間を守護るんだろう??
残念だが止める様子はないようだ、一体なにを思う、本部よ

まず最初に動いたのは武蔵「長引かせるものでもなし」「最速」「最短にて決着らせるか」
武蔵はさっさと決着をつけられる自信があるようだ、独歩ちゃんとは違い烈はそう甘くないと思うぞ???

烈は服を破ると大量のクナイ?が装備されていた!ドイルの時と同じだ!
それを見て武蔵は動きを止める、興味があるのか危険を察知したのか、顔に余裕があるから後者ではないか

早速一投目を投げる烈、それを軽く避ける武蔵
一般人には通り抜けるように見えたほど早いらしい、克己もそのスピードに驚いている

しかしここで本部「一投目ならやってやれぬことじゃない」
なんだその「俺も出来るんだぞー」「たいしたことではない」みたいな発言は、控えろ!!守護れなかったくせに!
大体本部は背後を取られすぎなんだよ、柳戦の時も勇次郎に背後取られてたし…山篭りで何をしていたんだ

こんな口だけは達者な人は置いといて烈はもう一度クナイを投げる、しかし簡単に避けられる
続いて両手でクナイを持つ、烈は両利きらしい、つくづく才能に満ち溢れている
今度は二つクナイを投げるが、当たらない、それどころか一つはクナイを捕まえてしまった

動体視力が異常という次元を超えている、さしずめ真剣白刃取りといった所か
てっきり捕まえたクナイを投げ返すかと思ったがぽいっと捨ててしまった

烈はお構いなしに次々にクナイを投げ飛ばす、避ける武蔵だが最後の一刀が喉に向かった!
捉えるか!と思った観客、武蔵は避けず刀を抜きそれを真っ二つにした!!
さすがに避けるのは難しかったのだろうか、遂に真剣を抜いた武蔵 次回に続く

今の所まだお互い本気を引き出していない、烈もまだまだ手はあるはずだ
ドイル戦では滅多刺しにしたクナイだが武蔵相手では通用しなかった、まぁ当然か
とりあえず本部がいつ守護るのか見ものだ、後ついでに解説役として活躍してほしい所でもある

第363~365話 クローバー

リアルの事情で色々と遅れてしまったので三話分をまとめました(簡易的です)

暴走状態の春木には軽い打撃では笑ってしまうほどの痛みも感じていないようだった
吉良は渾身のハイキックを食らわしたがそれでも立ち上がる春木、こいつ化け物か?!

だがその一撃はやはりキテいるのか春木にもダメージが入っていると真木が語る
春木は仲間というものを信じていない、その結果島流しされたようなもんですからな
だからこそ吉良やハヤト達の行動を見ていると腹が立ってしょうがない
仲間という言葉に踊らされている吉良に負けるわけがないと思っているらしい

その反対に吉良は仲間というものがなんなのかを教えてくれたハヤトに恩を感じて少しでも借りを返したい一心だ
何よりチームも自分のことを信じてくれている、だからこそ春木のような奴に負けるわけにはいかない

正反対の二人の対峙は仲間が背中を押してくれた吉良に力を与えてもう一度渾身のハイキックを食らわせ遂に決着!
不死身と思うほどタフだった春木が沈んだ!なんか倒れている顔がしょんぼりしてる気がする

あんだけ頭にド派手なハイキックを二発も喰らった春木は脳震盪を起こしてるかもしれない
一方吉良も勝利したがボロボロの状態だった為気絶、よくまぁあれだけ殴られて倒れなかった
ハヤトは吉良を担いでHAMMER_HEADのライダースジャケットを被せて感謝をしている

春木も起き上がる様子はないが誰も助けようとしない、むしろチームにはいい気味だと言われている
他のメンバーに対して「使えない野郎共だ」と言っていたからな、特大ブーメラン発言をしてしまった春木
しかしハヤトチームは春木チームに対して全勝中、さすがに春木チームも焦りを感じている

だがまだ奴が残っていると皆が言う、紅葉神島のアンタッチャブル楠高虎

お笑い芸人を思い出したが意味は触れてはいけないような存在という形容でいいのだろうか
ある意味この性格上は触れてはいけないかもしれない、この男に狙われたら男として大変だ
しかし察するに紅葉神島の裏ボス的存在な楠高虎、失神している春木をなでなでしている

自分を大将にしたことを褒めている、周りの人間に春木を運んでやれと言う 意外と優しいんだな
てっきり態度が豹変して蹴り飛ばすのかと思っていました
相当春木のことを気に入っているらしい、やはりこの二人は色々な意味で深い関係なのだろうか…(考えたくない

そして遂に大将戦 ハヤトVS楠高虎 こうしてみるとさらに風格がありいかにも強そうだ
変態レーダーによるとハヤトのイケメン度は一段階低いらしい、要するに好みではないのか?!
それはそれで良いのだが…

遂に裏ボス的存在、楠高虎とハヤトの戦いが始まる
周りの雰囲気から察するに春木よりも強いのは明白、ということは作中敵キャラとしては最強かもしれない

暴走モードの春木も知っていた所からするともしや過去戦ったことがあるのか?
春木が大将として置いたということは高虎はそれに勝利している可能性が高い、しかもそこまで苦戦せずだと予想
アンタッチャブルと言われるほどだ、その実力は計り知れない 果たしてどのような戦いをするのだろうか期待だ

第362話 狂乱 クローバー

春木が暴走したー!!!

ハヤト達と考え方が対極であるから我慢ならなかったようだ
猛攻に次ぐ猛攻、吉良は5連続でマトモに喰らっている
次の攻撃はなんとか避けた吉良、そこから反撃、おお?いいのが顔に一発入ったぞ!

「ハハハッ」
笑ってやがる・・・吉良のパンチを食らってもまるで平気、というか目がやばい
タイトル通り完全に狂乱となった春木、攻撃も防御も上がってしまった!

さらに猛攻する春木、憎しみをぶちまけるが如くその攻撃は襲い掛かる!
と、ここでとんでもなく変態な顔つきをしている楠高虎は
「春木ちゃん(ハート)本領発揮(ハート)(ハート)」
キモイ

どうやらこの男、春木が今まで本気というか本性を現してなかったことを知っていたようだ
どおりで苦戦していた姿をみても対して驚いてなかったわけだ
しかし回りはドン引きしている、ハヤト達も再び吉良が圧されて焦っている
真木だけは無表情、少し謎だが春木の姿を見て何か感じ取ったのか?

しかし殴られ続けても倒れない吉良、HAMMER_HEADのライダースジャケットが頭の中に浮かび上がる
吉良がハヤト達の元へ行く前に仲間と会話している、俺たちがこうしていられるのもアイツのおかげ
だからこそ力になりたいとチーム全員が語っていた、本当は全員で行きたかったらしいが

解説員にサンドバッグ状態と比喩される状況下、最後のページで強烈な右ストレートが顔面に向けて吉良を襲う!
一体どうなる!?次回に続く

絶体絶命な状況だ、なんせ相手には攻撃が効いてないぐらいブチ切れている
こうなった人間を止めるのは本当にキツイ、想像以上の強さを発揮し続ける春木だ

作中でもこれほど強い人物はそうそうに出ていない、敵として現れた中で誰が相手になりそうかと思うと・・・
主人公であるハヤトを不意打ちながら二度も一撃で気絶させた鳴我なら春木に勝てそうな気がする
あの顔つきと化け物じみた強さは今でも覚えている、菊池すら歯が立たなかった
源元を本気で助けるというハヤトの信念がなければ間違いなく負けていただろう

決着だがここで予想出来るのは二つ

一つはこのまま吉良が敗北して決着が着いてるにも関わらず春木が殴り続ける所をハヤトが止める
暴走した春木はそのままハヤトに襲い掛かって対決か、何かしらのキッカケで暴走が止まって大将戦となる

もう一つは最後のページでも表現されていた強力な一撃を喰らっても倒れない吉良
それに少しずつ疑問と苛立ちを感じる春木は猛攻し続けるが吉良の重い一発が入ってダメージが入る
最後は互いに猛攻の末ぶっ倒れるのは春木で決着

出来れば吉良に勝利してほしい所だが、果たしてどうなるか・・・
そういえばまだ吉良には得意技のハイキックがあった!
パンチ力は対してない吉良だが顔面にハイキックがモロに決まれば暴走している春木の脳を止めてくれるかもしれない

第41話「帰国」

徳川のじっちゃんは独歩に現代にいる宮本武蔵について解説していた

そんな知識はないという独歩だか五体に刻まれた記憶が彼は本物だと語った

結果について聞かれた独歩は「喧嘩で負け」「試合で負け」「そして武で負けた」と言う
「清々しいまでに完敗ですわ」

試合という言葉に引っかかるが完全敗北は認めているようだ
日本刀で斬られたはずが無傷?で制するという気遣いをされこれなら斬られるほうがマシと思っているらしい
武人改め舞人も対戦者にこうもやられてはそういう気分になってしまう

独歩は五輪の書を何度も読み返すほど宮本武蔵という存在を理解しようとしていた
周りの書籍は綺麗なのに五輪の書だけは何度も手に取っていることが伺えるほど古ぼけている
暗記するぐらい読んでたらしい、大ファンだったのか

ところがまるで理解していなかった、その現実を体で受け止めたのだから
やはり書籍では限界があるようだ、まぁ宮本武蔵も全てを語っている保障はどこにもないわけですからね
しかしここまで武蔵のことを研究していた独歩だったとは、初対戦ということも頷ける

「この歳で云われたんだよ まるでなっちゃいないと」


徳川のじっちゃん、今後についてどうするかと独歩に尋ねると

「暫くは引きこもりてぇ・・・」

こうして愚地独歩は引きこもり老人となった!
まぁ年齢的に隠居してもいいだろう、奥さんも心配しているんだから調度いいのではないか!

舞台は変わって成田空港

そこには帰国、ではなく帰還した烈海王の姿がいた
ボクシングについて語っている、つまり冒険はもう終わったというのか
いやいや、あの世界最強のボルトがいたはずだ、烈が「強い!!!」と一瞬で感じたほどの気配
最速となんとかが交じった最強のボクサーはというと

1コマでやられてました


あんなにボクシングの話引っ張ったのに!!スモーキングの方が全然活躍していたぞ!
とにかく烈海王は対して苦戦をしたわけでもなく勝利した模様、一体ボルトとはなんだったのか

それが公認か非公認であるかは全く興味がないと語る烈、そんな性格ではないことは知っているが
結局中国拳法のほんの一部を使用して世界チャンピオンになった烈、ボクサーとしての活動も終了らしい
前作のボクシング話はなんのためにあったのかさっぱりわからない
烈、ボクシング辞めるってよ

では日本に何をしに来たかというと、中国拳法全てを扱うに等しい存在がいる
そのためにこの日本に現れた!!

ボクシングの伝説とやらはさておいて今度は烈が登場した!
烈は五体を極めし者という印象があるがそれだけではない、武器使用も超一流だ
証拠にドイルを武器によって圧倒していた、その後ジャックに注射刺されて気絶してたけど

武器と五体を使用する烈・海王、これは見ものだ!
しかしながらボルト…バキ史上に残るかませっぷりであった…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。