芝浦ブログ

週刊少年マンガ・アニメなど適当に感想するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三話:初日「鮫島-飛天翔」 バチバチ

解説の情報によると鮫島と石川は仲が良いことは世間で知れ渡っているようだ

しかも意地のぶつかり合いが人気らしい、やはり幕内となると世間から見られる目は大きいようだ
鮫島も石川も互いに絶対負けたくない存在だから見ていて楽しいのは事実であるが
今回の取組が最後と知ったらさぞかし回りも驚くだろう、年齢も若いし

石川の突き押しは幕内になっても変わらず、押し相撲一本
鮫島はその危険性を十分に理解しているのか押し相撲には持っていかないように考えている

ハッキヨイ!!と勝負の火蓋が切られる、先に仕掛けたのは石川だった
顔面を狙った張り手は肩でなんとか防いだ鮫島、モロに喰らっていたら昔の常松のように脳震盪を起こしていただろう
止めたのはいいが石川のテリトリー、絶好の機会を逃すわけがない

とてつもない突っ張りの連続、これでは前に出られない鮫島
回想シーン、石川は幕内になってからも押し相撲一本でやっていたがやはり対策はされていた
重心が前に出すぎているため引き落としで半分自滅のような形になってしまう
かといって体が一回り小さい分相手を落とすには前に出なくてはいけない

親方に相談する石川、親方は自分の相撲スタイルをよく考えてみろと言う。そして
「悩み・・・あがき・・・お前が出したブレない答え」

1日数千回にも及ぶ・・・鉄砲!

「柱にもたれこまない鉄砲 上体は起こしながら体重はしっかりと下半身に乗せた特殊な型」

鉄砲とは稽古場にある鉄砲柱のことらしい
血豆が潰れても鉄砲柱に打ち続ける!なんという信念だ

「この方法により前に出ずに押し相撲をすることが出来る、威力は落ちるが軽くはない
何より息つく暇もないほどの手数を手に入れた」

ここまで来ると無呼吸連打みたいなもんですかね!
石川の手が無数に鮫島にほとばしる、この手数を打ち込み続ければどんな巨漢だろうと腹が据わった人間でも
「いずれ上体が浮き上がる!」
反射的に浮いた上体を戻そうと前のめりになる刹那

「渾身の 全体重を乗せた 一撃を切る!」

石川の激情の一撃をモロに喰らう鮫島、幕下時代でも見せたあの一撃だ!
一瞬失神している鮫島、あんな張り手をモロに喰らったらそりゃそうなりますわな

親方はもっともっと石川の相撲を見ていたいと言う
しかし現実的に脳の病気を患った石川はこの場所で引退だ
これほど攻撃的な力士は石川ぐらいなのではないか?非常に見ごたえがあるからファンも多い気がする

鮫島はなんとか堪える、入れば200キロ超えも沈める一撃らしい
次の攻撃は鮫島か?次回に続く

ここで思ったのがもし石川の体がしっかり成長していたらとんでもない力士になっていたのではないか?
今の肉体でも幕内相手に喰らいついてるのを考えると想像するだけで恐ろしい一撃を放つだろう
石川の三役姿を見たかったとまた思ってしまう一話であった・・・

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。