芝浦ブログ

週刊少年マンガ・アニメなど適当に感想するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第361話 春木咆哮 クローバー

吉良は春木にハヤトにデカイ借りを返しにここ来たという

それに対し「金でも借りてんのか?!」と自分でも思ってもなさそうな発言をする

春木の攻撃をかわし続ける吉良、大分目が慣れたと言うか強くなっている?!
さかさずに攻撃を繰り返す吉良、春木も相当なダメージが入ってるはずだか怒りでそれどころではない様子だ

「ケンカの理由なんてどうでもいいだろうが!!」
「借りとかどうとかどうでもいいだろが!」

攻撃をしながら春木は吼えるがすべてかわされる

吉良「オメェにはねぇのか? 絶対に譲れない大切なもの」

春木「くだんねぇこと言ってんじゃねぇよ!!」

吉良「オレにはある」

顔面にモロ命中した春木は2mぐらい吹っ飛ぶ普通ならここで起き上がらない
しかし尋常ではないタフっぷりを見せ春木は立ち上がる、だが起き上がるのに苦労している!
と、ここで春木は信じられない言葉を放つ

「オマエと闘えてよかったぜ」
「友達のためにたった一人この島に乗り込んできた美咲」
「それを助けるために来たオマエ」「本当かっこいいよオマエら」

怪しい

「本当・・・」

「虫唾が走るわ」

春木、かつてないほど吼える!というかこれはもう完全にキレた!


この表情はアカンですわ・・・周りも驚いてる様子、こんな春木を見るのは初めてなのかもしれない
三年の反応がわからない、もしかしたら一年生の時に一度その姿を見せたのか?

吉良は防ごうとするが今までよりもさらに早い速度で殴りかかれてしまうため防ぐことが出来ずに次回へ続く

今週は憎悪で怒り狂う春木だった、ハヤトや吉良の行動や言葉が自分にはなかった為だろうか
さらにパワーアップした春木相手に吉良は果たして勝つことができるのか
是非とも信念で打ち勝ってほしい所だが、ここまでキレた人間を倒すとなると非常に骨が折れるだろう

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。