芝浦ブログ

週刊少年マンガ・アニメなど適当に感想するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第362話 狂乱 クローバー

春木が暴走したー!!!

ハヤト達と考え方が対極であるから我慢ならなかったようだ
猛攻に次ぐ猛攻、吉良は5連続でマトモに喰らっている
次の攻撃はなんとか避けた吉良、そこから反撃、おお?いいのが顔に一発入ったぞ!

「ハハハッ」
笑ってやがる・・・吉良のパンチを食らってもまるで平気、というか目がやばい
タイトル通り完全に狂乱となった春木、攻撃も防御も上がってしまった!

さらに猛攻する春木、憎しみをぶちまけるが如くその攻撃は襲い掛かる!
と、ここでとんでもなく変態な顔つきをしている楠高虎は
「春木ちゃん(ハート)本領発揮(ハート)(ハート)」
キモイ

どうやらこの男、春木が今まで本気というか本性を現してなかったことを知っていたようだ
どおりで苦戦していた姿をみても対して驚いてなかったわけだ
しかし回りはドン引きしている、ハヤト達も再び吉良が圧されて焦っている
真木だけは無表情、少し謎だが春木の姿を見て何か感じ取ったのか?

しかし殴られ続けても倒れない吉良、HAMMER_HEADのライダースジャケットが頭の中に浮かび上がる
吉良がハヤト達の元へ行く前に仲間と会話している、俺たちがこうしていられるのもアイツのおかげ
だからこそ力になりたいとチーム全員が語っていた、本当は全員で行きたかったらしいが

解説員にサンドバッグ状態と比喩される状況下、最後のページで強烈な右ストレートが顔面に向けて吉良を襲う!
一体どうなる!?次回に続く

絶体絶命な状況だ、なんせ相手には攻撃が効いてないぐらいブチ切れている
こうなった人間を止めるのは本当にキツイ、想像以上の強さを発揮し続ける春木だ

作中でもこれほど強い人物はそうそうに出ていない、敵として現れた中で誰が相手になりそうかと思うと・・・
主人公であるハヤトを不意打ちながら二度も一撃で気絶させた鳴我なら春木に勝てそうな気がする
あの顔つきと化け物じみた強さは今でも覚えている、菊池すら歯が立たなかった
源元を本気で助けるというハヤトの信念がなければ間違いなく負けていただろう

決着だがここで予想出来るのは二つ

一つはこのまま吉良が敗北して決着が着いてるにも関わらず春木が殴り続ける所をハヤトが止める
暴走した春木はそのままハヤトに襲い掛かって対決か、何かしらのキッカケで暴走が止まって大将戦となる

もう一つは最後のページでも表現されていた強力な一撃を喰らっても倒れない吉良
それに少しずつ疑問と苛立ちを感じる春木は猛攻し続けるが吉良の重い一発が入ってダメージが入る
最後は互いに猛攻の末ぶっ倒れるのは春木で決着

出来れば吉良に勝利してほしい所だが、果たしてどうなるか・・・
そういえばまだ吉良には得意技のハイキックがあった!
パンチ力は対してない吉良だが顔面にハイキックがモロに決まれば暴走している春木の脳を止めてくれるかもしれない

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。