芝浦ブログ

週刊少年マンガ・アニメなど適当に感想するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第363~365話 クローバー

リアルの事情で色々と遅れてしまったので三話分をまとめました(簡易的です)

暴走状態の春木には軽い打撃では笑ってしまうほどの痛みも感じていないようだった
吉良は渾身のハイキックを食らわしたがそれでも立ち上がる春木、こいつ化け物か?!

だがその一撃はやはりキテいるのか春木にもダメージが入っていると真木が語る
春木は仲間というものを信じていない、その結果島流しされたようなもんですからな
だからこそ吉良やハヤト達の行動を見ていると腹が立ってしょうがない
仲間という言葉に踊らされている吉良に負けるわけがないと思っているらしい

その反対に吉良は仲間というものがなんなのかを教えてくれたハヤトに恩を感じて少しでも借りを返したい一心だ
何よりチームも自分のことを信じてくれている、だからこそ春木のような奴に負けるわけにはいかない

正反対の二人の対峙は仲間が背中を押してくれた吉良に力を与えてもう一度渾身のハイキックを食らわせ遂に決着!
不死身と思うほどタフだった春木が沈んだ!なんか倒れている顔がしょんぼりしてる気がする

あんだけ頭にド派手なハイキックを二発も喰らった春木は脳震盪を起こしてるかもしれない
一方吉良も勝利したがボロボロの状態だった為気絶、よくまぁあれだけ殴られて倒れなかった
ハヤトは吉良を担いでHAMMER_HEADのライダースジャケットを被せて感謝をしている

春木も起き上がる様子はないが誰も助けようとしない、むしろチームにはいい気味だと言われている
他のメンバーに対して「使えない野郎共だ」と言っていたからな、特大ブーメラン発言をしてしまった春木
しかしハヤトチームは春木チームに対して全勝中、さすがに春木チームも焦りを感じている

だがまだ奴が残っていると皆が言う、紅葉神島のアンタッチャブル楠高虎

お笑い芸人を思い出したが意味は触れてはいけないような存在という形容でいいのだろうか
ある意味この性格上は触れてはいけないかもしれない、この男に狙われたら男として大変だ
しかし察するに紅葉神島の裏ボス的存在な楠高虎、失神している春木をなでなでしている

自分を大将にしたことを褒めている、周りの人間に春木を運んでやれと言う 意外と優しいんだな
てっきり態度が豹変して蹴り飛ばすのかと思っていました
相当春木のことを気に入っているらしい、やはりこの二人は色々な意味で深い関係なのだろうか…(考えたくない

そして遂に大将戦 ハヤトVS楠高虎 こうしてみるとさらに風格がありいかにも強そうだ
変態レーダーによるとハヤトのイケメン度は一段階低いらしい、要するに好みではないのか?!
それはそれで良いのだが…

遂に裏ボス的存在、楠高虎とハヤトの戦いが始まる
周りの雰囲気から察するに春木よりも強いのは明白、ということは作中敵キャラとしては最強かもしれない

暴走モードの春木も知っていた所からするともしや過去戦ったことがあるのか?
春木が大将として置いたということは高虎はそれに勝利している可能性が高い、しかもそこまで苦戦せずだと予想
アンタッチャブルと言われるほどだ、その実力は計り知れない 果たしてどのような戦いをするのだろうか期待だ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。