芝浦ブログ

週刊少年マンガ・アニメなど適当に感想するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刃牙道 第53話

更新してない部分をまとめると・・・

・烈、中国拳法の高級技「消力」を扱えるようになる(郭海皇のお墨付き)
・途中にあの本部以蔵が現れ武蔵との戦いを止めに来た、しかも中国拳法を片腹笑う
・烈相手にほぼ互角といった実力を発揮する本部、武蔵と同じ構えを取ったが郭に不意打ちを喰らってダウン
・結局守護れないまま試合当日、闘技場には様々な武器、さらに烈は体に何か装備しているようだ
・様々な強者が見守る中遂に試合開始ッッッッッッッッッッッッ ←いまここ

はじめい!!!

始まった始まった烈海王VS宮本武蔵、しかし最初から突っ込みをいれたいコマがあった

本部以蔵がいるじゃないか!!ついでに愚地克巳もいる
そんなところに突っ立ってないですぐに止めに行きなさい、仲間を守護るんだろう??
残念だが止める様子はないようだ、一体なにを思う、本部よ

まず最初に動いたのは武蔵「長引かせるものでもなし」「最速」「最短にて決着らせるか」
武蔵はさっさと決着をつけられる自信があるようだ、独歩ちゃんとは違い烈はそう甘くないと思うぞ???

烈は服を破ると大量のクナイ?が装備されていた!ドイルの時と同じだ!
それを見て武蔵は動きを止める、興味があるのか危険を察知したのか、顔に余裕があるから後者ではないか

早速一投目を投げる烈、それを軽く避ける武蔵
一般人には通り抜けるように見えたほど早いらしい、克己もそのスピードに驚いている

しかしここで本部「一投目ならやってやれぬことじゃない」
なんだその「俺も出来るんだぞー」「たいしたことではない」みたいな発言は、控えろ!!守護れなかったくせに!
大体本部は背後を取られすぎなんだよ、柳戦の時も勇次郎に背後取られてたし…山篭りで何をしていたんだ

こんな口だけは達者な人は置いといて烈はもう一度クナイを投げる、しかし簡単に避けられる
続いて両手でクナイを持つ、烈は両利きらしい、つくづく才能に満ち溢れている
今度は二つクナイを投げるが、当たらない、それどころか一つはクナイを捕まえてしまった

動体視力が異常という次元を超えている、さしずめ真剣白刃取りといった所か
てっきり捕まえたクナイを投げ返すかと思ったがぽいっと捨ててしまった

烈はお構いなしに次々にクナイを投げ飛ばす、避ける武蔵だが最後の一刀が喉に向かった!
捉えるか!と思った観客、武蔵は避けず刀を抜きそれを真っ二つにした!!
さすがに避けるのは難しかったのだろうか、遂に真剣を抜いた武蔵 次回に続く

今の所まだお互い本気を引き出していない、烈もまだまだ手はあるはずだ
ドイル戦では滅多刺しにしたクナイだが武蔵相手では通用しなかった、まぁ当然か
とりあえず本部がいつ守護るのか見ものだ、後ついでに解説役として活躍してほしい所でもある

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。